銀座総合美容クリニック ノーニードル育毛メソセラピー

育毛メソセラピーって何?

話題の「育毛メソセラピー」は、非常に高い発毛効果が期待できることで、

薄毛を気にする人から熱い注目を集めています。
「育毛メソセラピー」は、発毛に有効な成分を注射器を使って
直接注入する薄毛治療法です。
薄毛治療と言うと基本的には内服療法となりますが、どうしても薬剤が
頭皮までたどりつくまでに量が減ってしまい、効果が薄くなってしまうという
デメリットがあります。
だからといって薬の量を増やすことは副作用の危険を考えると
難しいのが現状です。
そこで、毛根直下に直接薬剤を注入する育毛メソセラピーが
注目され、内服療法併用する形でさまざまな医療機関で
行われているというわけです。

 

育毛メソセラピーで使われる薬剤として代表的なものは3つあり、
それぞれ効用が異なります。

 

【フィナステリド】
発毛に悪影響を及ぼす、5α還元酵素の働きをブロックし、男性ホルモンからの攻撃を防ぎます。

 

【ミノキシジル】
血管内皮細胞増殖因子の生成を促し、毛乳頭細胞に働きかけて毛髪を太くしてくれます。

 

【成長因子複合体】
毛髪を強化する「IGF-1」、頭皮の血流をよくして毛包を活性化する「bFGF」、
新生血管の形成を促進する「VEGF」の3つの成分をすべて含んでいます。

 

 

医療機関によって異なりますが、これらの代表的な成分のほか、血流を促進する「コエンザイムQ10」、
水分補給で頭皮の潤いを保つ「ヒアルロン酸」、抜け毛を防ぐ「銅ペプチド」なども配合されることが多いようです。

 

 

銀クリの育毛セラピーはここが違う!

「育毛メソセラピー」と言えば「銀座総合美容外科クリニック」と言われるほど、
銀クリは薄毛に悩む人から注目されています。
それは他のクリニックの育毛メソセラピーと一線を画しているからです。

 

針を使わないノーニードル育毛メソセラピー採用

 

通常の育毛メソセラピーは、注射器で直接有効成分を頭皮に注入することから、
痛みを伴うのが難点ですが、銀クリでは針を使わない
「電気穿孔法(エレクトロポレーション)」を採用しています。
細胞膜にごく弱い電気パルスを流し、その刺激によってできる細胞間膜の
小さな穴に薬剤を輸送させる方法です。
比較的大きな分子も導入が可能なことから、現在では医療の現場でも
多く取り入れられています。
皮下の浅いところなら、目的の薬剤の90%を確実に導入できます。
イオン導入では10%と言われていることを考えると電気穿孔法がいかに優れているかがよくわかりますね。
また、注射器のように針を刺さないので、痛みが全くなく、快適かつ効率的に有効成分をしっかりと導入できるのです。

銀クリの育毛セラピーがおすすめの理由!

銀クリの「育毛メソセラピー」がおすすめの理由は3つ。

 

効率よく有効成分導入

短い電気パルスで毛根直下の細胞膜間に微小の穴を開け、その穴から有効成分を導入します。
イオン導入の18倍の薬剤導入量が可能なので大変効率的です。

痛みがない!

注射器を使わないので、痛みが一切なく快適です。また、注射特有の赤みや腫れも全くありません。

リーズナブルな価格設定

ノーニードル育毛セラピーが1回18,000円(税抜き)とかなり低価格に抑えてあります。
他店の相場は1回5〜6万円なので、費用を抑えた発毛治療を望む人にピッタリ!

Q&A

育毛メソセラピーに副作用はありますか?

用法や用量をきちんと守っていれば、ほとんど副作用はありません。
ただし、ごく稀なケースとして、薬物アレルギー反応が見られることもありますが、
事前に行う血液検査によって防ぐことができます。

どのくらいの頻度で治療が必要ですか?

通常のAGA治療の場合は、1ヵ月に1回が基本ですが、
育毛メソセラピーは1クールを半年で8回とし、最初のうちは2週間に1回程度の通院が必要です。
効果が見られるようになれば、メンテナンスとして2〜3ヵ月に1度の割合での施術をおすすめします。

治療期間は?

効果には個人差があるので一概にはいえませんが、最低でも3〜6ヵ月ほどの期間が必要です。
ただし、これは効果が出始めるまでの期間なので、治療期間全体では1年ほどかかることを覚悟しておきましょう。

AGA治療は保険適用対象ですか?

現在のところ、薄毛やAGA治療にかかる費用は保険適用対象ではなく、自費診療です。

若い人がなる薄毛の対策方法!

最近では、薄毛対策は中高年男性だけのものではなくなりました。AGAと呼ばれる男性型脱毛症は、早い人ですでに20歳代後半からその兆候が現れるといわれています。では、何故若年層に薄毛の悩みを訴える人が多くなったのでしょう。ですから今の時代安い AGA治療クリニックなどが出てき始めているんですんね。

 

先ず1番の原因は生活習慣にあると思われます。外食産業やコンビニの進出により、何時でも何処でもかんたんに食事が採れるようになったのは良いことですが、どうしても偏った食生活に陥りやすく、ビタミンやミネラル、あるいはタンパク質といった髪の毛にとって大切な栄養素が不足するようになってしまいます。

 

髪の毛が成長するには、毛母細胞が活発に働くことが前提となります。そのためには、血流によって必要な栄養分が常に補給されなければなりません。髪の毛のための栄養分は、バランスの取れた各種の食材を通して摂取することが大切になります。何故なら、食生活を疎かにして、いくら高級な育毛剤を頭に振りかけても、一度狂ったヘアサイクルを元の戻すことは至難の業になるからです。

 

 

20歳代から30歳代といえば、まだまだ新陳代謝が衰える年齢ではありません。しかし、若年層の薄毛対策はどうしても対処療法的になり易いという傾向にあります。中高年とは違い、正しい食生活を心がけることにより、細胞分裂の活性化を図れば、身体のリズムを取り戻すことは比較的容易いことなのです。若年層の薄毛対策は、自らの生活習慣を改善し健康体を作り上げることが、すべての基本になることを自覚してください。